2011年11月15日

次男の個別保護者会

昨日、次男の高校へ行ってきた。

担任の先生と次男と3者でお話。

勉強も部活もがんばってますね、ということで、今のところさして問題はなし。

が、次男が余談で英語の授業や理科の授業についての意見をいろいろ言い出し、

ちょっとびっくり。

まあ、家で聞いていたことではあるけれど。。。。

今、ここで先生に言うんや。。。。

板書がきちんとしていないと、やる気になれない。字が汚かったり、まとめ方がヘタだといや。

とか、先生を批評するのだ。

きちんと敬語は使っているし、カンジは決して悪くないのだが。

どうよ?

あんたは何様なん? と、一応ツッコミを入れておいた。

次男は英語の長文読解が苦手。長男は、教えてないのにできる、と中学のとき塾の先生に言われていたことを思い出し、

少しだけ長男の話も。。。

先生いわく、

あー、彼は憎らしいけどできちゃうんですよ、頭がいいんでしょう、と。

予備校いってたし、陰で必死に勉強してたんでしょうけど、そうは見えなかったんだろうと思う。

要領よくアタマがまわったのも事実かも。

そして、さすがに長男を知ってくれている先生だなあ、と思ったのは

最後に 大学でちゃんと単位とれてます?

と聞かれたことだ。

どきっ。いえ、それが…だ。かなり落としているよう、、、、。

なぜわかります? わかるんでしょうね。

さすが先生。

帰ってから長男に、再度クギをさしておいた。留年はあかん。

次男の保護者会だったのに。。。
posted by tasu at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。