2006年06月11日

次男の作品

06_11家庭科.JPG

今日は部活はお昼まででお弁当はなし。

次男は朝から夕方でまで野球。6年中心の公式試合と午後からは練習試合。どちらも出られなかったみたい。
親はかわいそうに思うけれど、「どっちも勝った!」って嬉々として報告してくれるから、まあ、そういうポジションにも慣れて、それなりに自分の役割をつかんだんでしょうね。
それはそれで大切なことだと思う。

長男は同じ少年野球チームで3年生から野球をはじめ、補欠時代はあんまりなく、5年では一人6年の中に入ってレギュラーになっていた。6年はピッチャーで4番。ホームランは1年間で10本以上打った。中学の部活でも1年から先輩を差し置いて、レギュラー。

ずっとレギュラーの兄と、
ずっと補欠の弟。

それだけ見たら、何か差があるみたいだけど、
いろんな面を見ると、それぞれ一長一短。

家庭科では、次男は楽しんでがんばって、課題の作品を仕上げました。
デザインのモチーフは、、、そうか、バットかあ。
やっぱり!
posted by tasu at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。