2011年04月08日

次男の入学式

朝から雨。

お昼ごろから雨あしが強くなり、駅までの道でぐっしょり濡れてしまった。

学校までの坂道も雨の中歩くのがつらかった。

せっかくの入学式なのに…。

満開の桜も何だかわびしい感じ。


講堂の2階席に座った。全体が上からよく見えると思ったのだが、

次男は2階席の下の位置だったので、まったく見えず。

ひとりひとり名前を呼ばれて返事をして起立するところも、

「はい」という声だけ。

それはそれでいいのだが、最悪だったのは、

2階席に、小さな子供をつれたお母さんが遅れて来たこと。

2才くらいで自分で歩くのだが、歩くたびに「キュッキュッ」と高い音がする。

何、履かせてんねんっ。入学式に音の鳴る靴を履かせてくるなんてビックリだ。

しかもちょこちょこ歩きまわり、お母さんがついてまわる。

ときどき奇声を発する。

普通の神経なら、すぐに連れて外へ出ると思うが、「しっ」とか言って注意はするが、

させるまま。

キュッキュッ、キュキュキュキュキュキュ(わざと音を立てるために足ふみまでする)

信じられない。

横を通ったとき、にらみつけてやったが、気がつかない。

先生もちょっと注意すればいいのに。

校長先生の祝辞が台無しだ。

結局、子供を追い回して聞いてもいないんだから、この場にいなくてもいいと思うが、

出ていかない。

何でだろう。

せめてその音がなる靴を脱がせたらどうなのか。

ほんとに腹がたった。

もう一度、近くに来たら注意してやろうと思った。

入学式のいい気分、おめでとう、の気分が台無し。

帰りに気分なおしにアローツリーのケーキを買って帰った。

けっこう高くついた。
posted by tasu at 18:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。